妊活中の人は減量必須!ダイエット外来で健康的に痩せよう

肥満が不妊に繋がる理由

肥満が妊娠を妨げる理由は大きくわけて3つあります。一つは、排卵がうまくいかない排卵障害、もう一つは、多嚢胞性卵巣症候群です。最後は、胚の質が落ちたことによるものです。この場合、赤ちゃんを授かっても流産する確率が上がります。

ダイエット外来と美容機関の違い

ダイエット外来

主な目的は正しいダイエット方法を使って効果的に体重を落とすことです。プログラムの中には、排卵障害改善や不妊治療に効果があるダイエット法を提供しており健康且つ、妊娠しやすい体質作りが期待できます。近年は、減量だけでなく体型を綺麗に整える治療も取り入れられています。

美容機関

食べてしっかり運動をするダイエット外来とは別に、美容機関では痩身施術をメインに、大幅な減量を狙います。こちらは手術で体型を絞るため、リスクも高めです。

妊活中の人は減量必須!ダイエット外来で健康的に痩せよう

メジャー

妊活中のダイエットについて

炭水化物を抜く、一食抜くといった自己流ダイエットは必要な栄養が足りなくなり、排卵の状態を悪くします。本来、健康的なダイエットというのは間食がなく栄養バランスの整った食事を摂ることです。しかし現実はそう甘くはなく、ほとんどの方が失敗するでしょう。健康的にそして確実に痩せるためにはダイエット外来を受診し、きとんとしたプログラム内容で実践すべきです。

ウエスト

ダイエットを強くおすすめする理由

肥満が不妊の直接的な原因になることは随分前から判明していたことです。しかし、それ以外の理由でダイエットを勧めるのは、出産する時に産道が脂肪で覆われて赤ちゃんが自力で出られなくなるからです。この場合帝王切開になりますが、脂肪が分厚く、傷の治りが悪い、血栓症になる危険性があります。そのため、肥満の方は前向きにダイエットを考えるべきなのです。

体重計

成功事例はいくつもある

肥満じゃない人でも、元々排卵障害を持っているケースもあります。そのため一年に2.3回しか生理が来ない場合もあります。加えて、ダイエットが必要なくらいの肥満ならば、まずダイエットをしてスリムになっていただくしかありません。大阪で有名なダイエット外来は、そのような考えでサポートを行い、排卵機能を回復に導いています。

無理に行わないことが大切

体重を落とすために、無理やりご飯を減らしたり運動を頑張りすぎたりすると、ストレスとなりリバウンドすることがあります。自分のペースで無理なくダイエットすることが、減量成功の近道になります。

広告募集中